Journal

たくましさと艶をまとう香り
Journal

たくましさと艶をまとう香り

ハマナスの花の最盛期は、6月から8月。まだ朝晩が冷え込む5月ごろから葉を伸ばし、徐々に蕾がふくらんできます。  ハマナスは、日本のバラと呼ばれています。「rosa rugosa」は、ハマナスの学名のこと。ヨーロッパ系のバラとの違いは、大きさや花弁の数などさまざまですが、香りも個性があります。 ヨーロッパ原種のバラは、甘くてとろりとした華やかな香り。可憐で優雅な、ばっちりとおめかしをした人を思い起こさせます。 一方、ハマナスの香りは、みずみずしく、フルーツのような香り。たくましさと艶を兼ね備えた、素肌の美しい人がまとっているような香りです。 その香りは、畑に足を踏み入れるだけで、ふんわりと体をつつみこみます。花びらを一枚、近くに置いておくだけでも、その香りが空間いっぱいに広がり、ハマナスの花の中に入りこんだようです。 けれど開花時期は短く、色や香りの力強さからは想像できないほど短命。2〜3日で枯れてしまうのです。 少し触れるだけで花びらがはらはらと舞う様子は、散るというよりも、紅紫のみずみずしい色の粒がこぼれ落ちるよう。潔く散る花弁の構造は、北海道の短い夏を生き残る術なのかもしれません。

“老若男女が使える”の本当の意味
Journal

“老若男女が使える”の本当の意味

手摘みで収穫した、ふわふわのハマナスの花を、たっぷり使って手作りする「rosa rugosa」。花びらの赤紫色の艶やかさにときめく方もいれば、「自分には似合わない」と、一歩引いてしてしまう方もいるかもしれません。けれど「rosa rugosa」の原料になっているハマナスは、その艶やかさに負けないほど、たくましさと強さを持つ花です。

@rosarugosa_ciokay